高濃度水素水「トラストウォーター」

水素水は温めてよい?水素水の効果的な飲み方

 

水素水 効果的な飲み方

せっかく購入した水素水。

 

しかし水素というのは飲み口を開けた瞬間にあっと言う間に逃げてしまう特性を持っています。

 

水素水を手に入れ、ただ飲めば効能がある、とは言い切れません。

 

そのため、水素水の性質を知り、正しい飲み方を知ることが大切です。

 

水素水は30度以上温めるのはNG

 

水素水は加熱して30度以上温めることによって抜けてしまいます。
そのため出来ることならば、水素水を飲むときは、常温又は冷やした状態でパウチごと飲むのが一番ベストです。

 

冬場の時期は、常温状態のお水でも冷たく感じられ、女性はなかなか飲みづらいですよね!
私も冷え性なので、常に飲み物は温かくないと身体を冷やしてお腹が痛くなったり、だるくなったりするので極力避けたいですが、
私と同じ冷たい飲み物が苦手なあなたは、常温か、もし温めて飲む場合には湯煎をして人肌程度に温める程度にしましょう。

 

【トラストウォーター水素水の効果的な飲み方】

 

@沸騰したお湯の中に、水素水パウチを封をしたまま入れます。
Aそのまま30秒程度待ちます。
B人肌程度に温まったら火傷しないようにそっと取り出します。(注意:温めすぎるとパウチが破裂する可能性もあります)

 

 

水素水は料理には使えない?!

 

ローフード(raw food) 酵素

先ほどにもあったとおり、水素水は30度以上温めるとただのお水になってしまいます。
そのため、グツグツと煮立てるような料理には不向きです。

 

しかし今、生きた酵素を摂取できると、超話題の「ローフード(raw food)」の中に、この水素水を取り入れた料理をすれば素材の味が引き立つのではないでしょうか。

 

くたくたになった野菜を水素水の中に入れたらシャキシャキの食感が戻ってきたり、くたびれた果物も新鮮でみずみずしい果物に変身したりと水素水の使い方は決して温めなくても色んな使い方ができるのです。

 

またお酒好きな方は水割りで飲むときに水素水で割ることによって、おいしいお酒を飲むことができるでしょう。

 

 

 

 

 

水素濃度が維持できる保管方法とは?

 

水素水は加熱すことによって水素は逃げてしまいますが、冷やしておく分には問題はありません。
そのため、冷蔵庫内での保存はおすすめです。

 

また水素水は凍らせて飲むことはOKです。

 

アルミパウチなら凍らせても大丈夫!でも他の容器で凍らせるのは要注意!!

 

アルミパウチなら冷凍庫で凍らせても大丈夫です。
しかし、例えばペットボトルに入った水素水は要注意です。なぜなら水は凍らせると体積が大きくなり、内側からの圧力で容器が破損する可能性が最も高いからです。

 

そのためもし水素水を凍らせたいときは、膨張した時の逃げ道のためのスペースをつくっておくようにしましょう。

 

冷凍した水素水をコップに移して飲むことはNG

 

冷凍した水素水をコップに移して飲むことは、せっかくの水素が酸素に触れてしまうため、水素が一気に拡散してしまい、水素濃度が下がります。
よってこの方法はNGです。

 

温めた時と同様に、ただの水となってしまい水素水の効果がなくなってしまいますので注意しましょう。