水素水によるアンチエイジングの効果はこんなにすごい!

水素水によるアンチエイジング効果

 

私たちの身体を作る細胞にはミトコンドリアが存在しており、ミトコンドリアや細胞の遺伝子が悪玉活性酸素によって錆び付いてしまいます。これが老化といわれる現象です。
同じ遺伝子を持った一卵性の双子でも、生活習慣の違いによって10歳以上見た目が違うといった研究成果も発表されています。その夢を叶えるアンチエイジングの研究が日々進められており、水素水が効果を発揮することが近代分かってきました。

 

毎日膨大な数の遺伝子やミトコンドリアが破壊され、身体にとって必要なエネルギーを生み出す能力が低下します。
人の老化は身体が錆びていくことを意味しており、そこには活性酸素が深く関わっているといわれています。誰もが歳を重ねるごとに衰えていくのは避けられません。
でもちょっとした積み重ねで、いつまでも活き活きと若々しく身体を保つことは夢ではないのです。

 

老化のスピードというのは遺伝的な要素があると言われていますが、遺伝的要素がかかわる老化現象は全体の約20%程度です。ここで活躍するのが水素水なのです。
美肌を保ちアンチエイジングを進めるためには、悪玉活性酸素を取り除いて体内のミトコンドリアを元気にしてあげることが一番の近道です。

 

水素の働きで細胞内に元気なミトコンドリアを増やせば細胞は若返りされるのです。環境的な要因の方が老化に与える影響は大きく、特に生活習慣によって老化のスピードは変わってきます。

 

 

美白効果(シミ・そばかす・くすみ・くまの改善)

活性酸素による過酸化脂質の生成は、連鎖的に行われるため、どこかでその連鎖を停止しなければ、断続的に過酸化脂質の生成が行われ、シミやくすみを招きます。

 

一方、メラニン色素の増加は、活性酸素がメラニン色素を生成するために必要となるチロシナーゼという酵素を活性化させてしまうことで起きる現象であるため、その根源である活性酸素を水素分子で除去することで、メラニン色素の生成を抑制することができます。

 

皮膚のシミやくすみは、活性酸素と脂質の結合による過酸化脂質と活性酸素によるメラニン色素の増加が原因となります。そこで、水素パックにより、水素分子のもつ強力な抗酸化力によって、その連鎖を停止させることができ、皮膚のシミやくすみを沈静化させます。

 

 

保湿効果(しっとり感・弾力感・毛穴・シワ・キメの改善)

真皮で活性酸素が増えると、コラーゲンの産生が抑制されたり、ターン・オーバーの乱れを招き、古いコラーゲンは網の目状の繊維が硬く縮み、水分の保持ができなくなってしまいます。
その結果、肌に潤いや弾力が増し、しっとりした美肌が蘇ります。

 

皮膚は表皮・真皮・皮下組織の三層からなり、真皮が皮膚の本体といえます。そのため、肌に潤いがなくなり、弾力も失せ、シワも増えていきます。

 

真皮は繊維上のタンパク質(コラーゲン)が網の目のように張り巡らされた構造になっており、この繊維(コラーゲン)のすき間に水分を保持して、肌のハリやみずみずしさを保っています。
そこで、水素水パックを使用することにより、真皮まで浸透した水素分子が活性酸素を除去することで、コラーゲンの産生が適正に行われるようになるため、水分の保持力が増すのです。