高濃度水素水「トラストウォーター」

年を経ても”サビない”身体づくりとは?

 

活性酸素を除去するSODとは?

酸素から出る、「悪玉活性酸素=毒性酸素」。
極めて酸化力が強い、ヒドロキシカルラジカル(・OH)というのは、シミやシワなどの老化現象のほか、体への様々な悪影響の原因を引き起こす、といわれています。

 

では一方で私たちは有害なものを体内で持ちながら、どうして平気でいられるのでしょうか?

 

 

それは酸化を防ぐ抗酸化酸素(SOD)が体には生まれながらに備わっているからなんです。
この抗酸化酸素、SODというのは活性酸素を除去してくれる働きがあります。

 

一言で言うとSODは体のサビ止めと言えますね!

 

人間の体内に備わった防御システムとしてSODは活躍し続け、活性酸素を除去することで、私たちの健康維持に役立っているのです。

 

 

しかしこのSOD、いつまでもその力が維持し続けてくれるのかというと、残念ながらそうとも言えないのです。
SODを作る力は年齢と共に衰え、40歳を過ぎるころから急激に低下してしまうのです。

 

それと反比例するように今度は生活習慣病のリスクが高まっていきます。

 

SODの減少=老化を促進させる

 

老化や病気は避けられないの?

 

では、このまま年を重ねるに従って、ただ指を加えてSODが減るのを見ているだけでしかないのでしょうか・・・

 

これではいくら高価な化粧品を使っても、食事に気を付けていても、体がサビついていくのを食い止めておかないと、何の効果も得られないのでは、と考えてしまいます。

 

 

でもそんな時に大きな味方、水素が大活躍するのです!!

 

水素は生命の最も根源的な元素です。
水素分子は体内に入ると悪玉活性酸素と結びつき水となります。

 

もう少し詳しく説明すると、発生した活性酸素というのは、電子のバランスが崩れた酸素のことで、近くに細胞があるとそこから足りない電子を奪って安定な水となります。

 

安定な水は、体に被害を与えることはありません。

 

ただしマズいのは、活性酸素に電子を奪われた細胞が、ほかの細胞を次々と傷つけていくことです。

 

細菌は一般的には一つの細胞でできていますが、活性酸素によって電子が奪われると不安定な状態となり、それを補うために電子の数を安定させようと、さらに体内の正常な細胞から電子を奪おうとします。
次々に電子を奪われた細胞はドミノ式に電子が奪われることにより、正常な活動をすることが出来なくなってしまって細胞は死滅してしまうのです。

 

しかし、もしあなたの体内に活性水素が豊富にあればどうでしょうか!

 

悪玉活性酸素はちょうど1つだけ電子を持っている、活性水素と結びついて無害な水になって体外へ排出されていくのです。

 

 

水素を効率よく体に取り込む方法とは?

 

人は生きている限り、呼吸をし、口から酸素を吸い込みます。
と同時に、どうしても避けられない「老い」、そして「病気」。。。

 

でも水素がこの世にある限り、ヒドロキシカルラジカルを選択的に消去する!
そして、悪玉活性酸素だけに反応し、消去するという離れ業をやってのけるのです、水素は。。。

 

水素について知れば知るほど、こいつはスゴイ物質なんだとその魅力に取り憑かれてしまうほどの「とてつもない物質」だと実感しました。

 

しかしです!
そんなスゴイ水素、いったいどういう状態で体に取り込むのが一番効果的なんでしょうか。

 

実は水素の力を存分に体内に取り込むには水が一番効果的です。
人間はある程度水を摂ることは必要ですよね!

 

従って普段の水の中に水素を混ぜるのが一番自然な摂り方だと考えられます。